日経平均予想 日経平均の目先のトレンドを知ることで、先物・オプション・株式投資の効率的な売買タイミンングを掴み、儲かる投資家に導きます!

2008年11月17日(月)

本日の相場日記2008年11月17日(月) 

相場結果  

  • 昨日の米国市場
    • NYダウ   : 8437$ (▲337$)
    • ナスダック : 1516P (▲ 79P)
    • CME : 8450円 (▲405円)

  • 今日の 日本市場
    • 日経   : 8522円 (+60円)
    • 先物   : 8490円 (+10円)
    • TOPIX    : 850P (+4P)

明日の予想  

★明日のテーマ:『公的買いはそんなに続かない!』

今日は米国市場が週末に大幅に下げたことから、朝から下げとなった。
しかし、日経で8218円の安値をつけた途端にいつもの公的買いが入った。
大幅上昇するような材料もないのに急上昇するのは一気に買い上がる力しかないです。
そのような相場は資金が続く限りは上昇するが、資金が途絶えると振り出しに戻ってしまう。
前場上昇しても後場下げるのは買い手がいない証拠です。
日本はそこまでして株価を上げないと危ないってことです。

G20が終了して注目の東京市場がなんとか、日経で8522円の60円高で取引を終えた。
これも日本から暴落となるのを防止させようとした当局の狙いがあったのだと思っています。
東京市場の結果をみて、欧州相場は下げてきていますが、今夜の注目の米国市場がどうなるか
が世界の注目です。今夜、米国市場が大幅安となれば、日本の明日の相場は8000円割れを余儀なくされるでしょう。その時、公的買いが入るでしょうが、いつまでも公的な買いの資金が続く
訳がありません。いつかは公的な買いはできなくなるはずです。

公的な買いが入ってもそれは一時的なことに過ぎません。
明日も安いところでは公的な買いが入るでしょうから、先物をやる方にとっては、今の相場は
非常に分かりやすいのかもしれません。

先ずは、今夜の米国市場の結果を待ちましょう。



powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional