日経平均予想 日経平均の目先のトレンドを知ることで、先物・オプション・株式投資の効率的な売買タイミンングを掴み、儲かる投資家に導きます!

2008年11月10日(月)

本日の相場日記2008年11月10日(月) 

相場結果  

  • 昨日の米国市場
    • NYダウ   : 8943$ (+248$)
    • ナスダック : 1647P (+ 38P)
    • CME : 8845円 (+475円)

  • 今日の 日本市場
    • 日経   : 9081円 (+498円)
    • 先物   : 9120円 (+460円)
    • TOPIX    : 916P (+ 37P)

明日の予想  

★明日のテーマ:『日経は9521円を超えられるか?』

今週はSQ週であり、どんなスタートか注目していましたが、米国市場の株高が直接影響した形となりました。日経は498円高の9081円と9000円を回復することができました。

さて、明日以降の相場は9521円の高値を超えてくるかです。
私の現時点での分析では、9521円は目先の戻り高値とみて相場を観ていますが、これも今夜の
米国市場に左右される展開となるのでしょう。

波動上では9521円を超えない限りは、その高値からは押し目形成中の見方です。
故に、現状の戻りが止まれば、11/7の安値である8266円を割り込む波動となるはずです。

チャートではMA25の8928円を超えてきたので、明日のCMEが高く終えれば、目先は9521円を目指す相場展開となってきます。これも今夜の米国相場で決まるでしょう。

NYダウは週末は戻したが、今夜、株価が上昇しなければ再落する可能性が高いでしょう。
ナスダックも同様なチャートをしています。
また、どちらも私の指標では、11/6時点で売りサインが点灯しています。
まだ、日経は売りサインが点灯していませんが、今夜の米国市場しだいでは明日以降にも売りとなる可能性もあります。

とにかく今週はSQ週です。このまま戻しが継続したまま終えることはないと思っています。
そのサインははやり、米国市場が変化する時でしょうか。

株価が9521円を目指すにせよ、SQ特有の大きな株価変動を伴う仕掛けがどこかで入ると思います。先ずは、今夜の米国市場を確認しましょう。



powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional